和婚

トップページ ≫ 和婚 ≫ 和婚

和婚wakon

日本人らしく和装姿はやっぱり憧れる

日本の心を忘れずに・・・。
今、改めて見直される日本人ならではの結婚式の美しさ

日本伝統の美意識と文化を取り入れた和の結婚式、和婚。 最近では改めて和婚の魅力が見直され、和の結婚式を行いたいという方も増えてきています。

白無垢の花嫁衣裳や新郎の紋付衣装の落ち着いた美しさ、厳かな空気、気品のあるムードは、参列するゲストにも感動を与えます。

室町時代から受け継がれる和装の凛とした佇まいが人気なのはもちろん、伝統美を残しながら現代風に装えることも、和婚が支持される理由の一つになっています。

今までの自分をリセットして無になる「白無垢」

白無垢は、全身白一色で仕立てられた着物。

室町時代から受け継がれる白無垢ですが、そのはるか昔から、白という色は神聖なものとして扱われてきました。

花嫁が白無垢を纏うということは、「穢れなく潔白」「嫁ぎ先の色に染まる」という意味だけでなく、これまでの自分をリセットして「無」になり嫁ぐ、その覚悟の表れとも言えます。

白無垢

生まれ変わりを表す「色打掛」

色打掛に着替えると、「無」だった花嫁は、色という血が入り、嫁ぎ先の色に染まりこれから生きていく「妻」になると言われていました。

伝統を守りながらも現代風に装うこともできる色打掛。 艶やかに花嫁を引き立てます。

色打掛

神社で雰囲気も最高のロケーション撮影

日本人だから素敵な日本風の装い 特別なわたし

神社でのロケーション撮影

ひむか神話婚のご提案

マリエールオークパイン延岡は、「延岡日向ウェディング協議会」の会員企業です。
延岡日向ウェディング協議会が提唱する「ひむか神話婚」のご提案もできますので、お気軽にお問合わせ下さい。

ひむか神話婚とは

神話には多くの神々たちが、国生み神話・天孫降臨をはじめとして、「古事記」の物語の舞台として宮崎に登場します。まさに、神々のふるさと。
天孫降臨の地とされる高千穂から、神武天皇お船出の地美々津まで、高千穂、延岡、日向には神話にまつわる神々を祀る神社が顕在しています。
由緒ある神社で、お二人の幸せを願い、伝統・格式を紡ぐ神前挙式です。

挙式プラン
240,000円(税別)

プランに含まれるもの

●神社挙式式紋付袴  ●白無垢  ●着付け
●ヘアメイク  ●記念写真(六つ切2枚1組 スタジオ内での写真撮影)
●新郎新婦送迎(式場~神社)

※お食事等のご相談も承っております。

このページの先頭に戻る